【いにしえ研究会】Asano研究員 プロデュース 古酒×シュトーレン=「古酒トレン」試作品を試す会

シュトーレン 日本酒 古酒

 ドイツなどでクリスマスの時期になると食べられるシュトーレン(シュトレン)。スパイスやドライフルーツをふんだんに使って作られる菓子パンの一種。

 スパイスやドライフルーツ!?

 これは日本酒の古酒に合うのでは!?

 思いついたことは直ぐに行動!!いにしえ酒店のなんでも博士、Norie Asano氏と 赤坂のドイツ文化会館1階にあるドイツ&オーストリア カフェレストラン Mahlzeit(マールツァイト)が古酒に合うシュトーレンを共同開発。

 ラム酒につけたドライフルーツをふんだんに使い、溶けたバターに浸し、古酒のコクと濃醇な味わいに合うように黒糖をまぶした一品。

魅惑のバタポタ動画はこちら(Twitterリンク

その名も「古酒トレン」

(研究開発品なので非売品、通常シュトレンは期間限定で販売中)

【研究テーマ】

シュトーレンに合う、最高の古酒を探求

スパイスやドライフルーツと古酒の相性

【研究内容】

・スパイス・ドライフルーツなどの素材を提供
・古酒×ドライフルーツ、スパイスは定番だが本当に合うのかを探ります。
・シュトーレンを食します。
・日本酒は古酒を中心に10種類程度を提供
・シュトーレン×古酒の可能性を探る

【研究日】

12月19日(日) 17時〜20時@いにしえLABO

17:30 〜 18:00 試食
18:00 〜 19:30 研究
19:30 〜 20:00 撤収

【参加方法】

下の申し込みフォーム

facebookのイベントページで参加表明

いにしえスタッフに個別連絡

のいずれかでお願いいたします。

【研究費】

・3,500円/1名

・シュトーレン2本(通常品、古酒トーレン各1本)を参加者でシェアします。
・古酒と熟成酒 10種類程度
・皿・カトラリーなどの消耗品一式
・お酒の持ち込み自由

【キャンセル】

規定なし

【申込】