4/9(土)みんな大好き、巨匠ラベル新作春バージョン発売イベント。いにしえ酒店で巨匠と握手❗

イベント概要

 木戸泉酒造 AFS 熟成 スパークリング 2017  春ラベルバージョン販売開始。ラベルの作者ご来店による無料試飲&即売会を開催します。また、AFS(アフス)シリーズ販売開始 50周年を記念したキャンペーンのご案内をいたします。

日時:4月9日(土)11時 〜 18時

場所:いにしえ酒店 1F 小売店舗

事前申し込み不要です。営業時間内にご来店ください。

当日のキャンペーン

  1. AFS 熟成 スパークリング 2017 無料試飲(要 LINE登録)
  2. 木戸泉グッズが貰えるくじ引き開催。空くじ無し❗(AFSシリーズ1本以上お買い上げの方)
  3. 3本以上お買い上げの方には、巨匠がその場で似顔絵を書いてくれるオリジナルラベルを1本プレゼント!
  4. AFS 50周年特別企画 参加のご案内

と、大事なお知らせが文末にございます。必ず御覧ください。

熟成スパークリングのラベルのお話

 いにしえ酒店の一部のお客様の間で人気な 木戸泉酒造 2017年度醸造のAFS(アフス)スパークリング。別名、「巨匠ラベル」。

ことの発端は木戸泉からの一本の電話。

…面白いお酒あったよ。

 木戸泉酒造の冷蔵倉庫の奥から発掘された、2017年度醸造のAFS(アフス)スパークリング。いにしえ酒店には、こういうのが見つかると連絡が来る。

 発見当初、蔵人内では一定の酷評を得たらしいのだが、いにしえ店主的には美味しいお酒。このあたりは蔵が目指す味やポリシーみたいなものがあるので造り手が意図しない酒質になると内部では酷評されることが多い。しかし、消費者視点に立つとそうとも限らないわけで、意外と売れたりするのである。

 というわけで、商品化したのが2021年夏。日本酒関係者あるあるだと思うが、ラベル作るの大好き。商品化決まるや否や、売り方や価格より先にラベルの話。これも類にもれず、ラベルどうしようかと。

 まぁ、夏だし、なんか夏休みっぽいものを。というアバウトな会話から生まれたのが、このラベル。選ぶ素材や色使いに構図と完璧に夏休みの絵日記。

 ここまでの流れで行くと、蔵人のお子さんが書いたのかと聞かれるがそうじゃない。小学生じゃないんだよ、じゃぁ誰なのか。

 天才。冬コレクションの肉マンなんぞは秀逸。

というわけで、春コレクションを4/9(土)に販売開始します。販売当日は作者ご来店。ついにその正体が明かされる❗

過去の作品

2021年 夏コレクション

2021年 秋コレクション

2022年 冬コレクション

AFS(アフス)って何?

 昭和30年代。時代は大量消費に向かい始めたころ、木戸泉酒造の3代目が気にしたのは人々の健康。防腐剤を使わない酒造りはどうすればいいか。試行錯誤の末、開発された醸造方法が「高温山廃仕込み」といわれる製法。

 その製法開発に携わった3名(安達、古川、荘司)の頭文字を採ってAFSと名付けられた。

 乳酸菌が活躍する山廃造りと55℃のお湯で仕込むことで米のデンプンがしっかり糖化されることで酸味と旨味の強い濃醇な味わいが特徴である。

大事なお知らせ

4/9(土)は巨匠のお誕生日。